ヒヨコ堂なかばる整骨院
お問い合わせ・ご予約はこちらから
092-952-6685
LINEでのご質問・ご予約

ヒヨコ堂なかばる整骨院 ブログ

産後意外と多い肘の痛みについて|那珂川市ヒヨコ堂なかばる整骨院

2021年12月01日(水)産後の肘の痛み


 

 

産後の肘のこんなお悩みはありませんか?

 

☑子供を抱っこすると肘が痛い

 

☑料理の際にフライパンを持つと痛い、痛くて持てない

 

☑いつも腕のだるさが続いている

 

☑肘や手がしびれる

 

 

1つでも思い当たるようなら

産後に多い外側上顆炎かもしれません

那珂川市にあるヒヨコ堂なかばる整骨院でも

産後の育児で頑張っているママさんたちが

腰痛や肩こり、顎関節症、腱鞘炎、ばね指などの

痛みや症状を訴えて来院されています

 

産後に起こる外側上顆炎とは

 

出産では骨盤に大きな負荷がかかります

しかし、そんな中でも赤ちゃんのお世話で

お母さんはとても忙しい状態です

例えば

骨盤が不安定な状態のまま赤ちゃんを抱っこしたり

お風呂に入れたりと無理な姿勢をしていることも多くなります

そのため腰痛はもちろん肩こりや腱鞘炎なども多く存在するでしょう

また赤ちゃんの抱っこも片側だけに偏りがちになりませんか?

骨盤が不安定な状態でこのようなことを繰り返すことで

肘の痛み(外側上顆炎)の原因になっています

 

当院では外側上顆炎に対しても

産後骨盤矯正と体幹筋のトレーニングで

筋肉のバランスを整え

肩関節から肘や手首までの周辺の筋肉の負担を減らし

症状を改善していきます

 

産後の外側上顆炎の原因は?

 

1.出産による影響

まず出産はママの骨盤や体に大きな負担が掛かります。

出産と共に腹筋が弱っていることも多く

体幹の支持性が弱くなりやすくなります。

2.普段以上に負担が掛かりやすい状態

腹筋が弱っている状態だと

それをかばうために周辺の筋肉が硬くなります。

長時間の授乳や抱っこによって

肩や首の筋肉の緊張が高くなるのはもちろん

肘や手首までその影響は出てきます。

3.ホルモンの影響

産前からリラクシンと言うホルモンが出ることで

靭帯が柔らかくなり出産の準備を始めますが

骨盤周辺全体の筋肉や関節靭帯が緩んでしまい

普段よりも筋肉や周りの筋肉に大きな負担を生じます。

 

このように様々な要因によって

産後のママの骨盤には大きな負担がかかりやすい状態になっているのです。

 

ホルモンの作用がなくなった後も

骨盤や恥骨結合が固まるまでには少し時間がかかりますので

実はその時が産後骨盤矯正を受ける理想のタイミングになります

 

 

当院の治療について

 

私達那珂川市にあるヒヨコ堂なかばる整骨院では

 産後の腰痛や肩こりばかりでなく

外側上顆炎などの肘の痛み、腱鞘炎やばね指などの症状に対して

バランスの崩れた筋肉と骨盤を

骨盤矯正で調整し

筋肉一つ一つのトレーニングで

骨盤周りの筋肉を調整し正しいバランスに戻します。

 

 マイオセラピーという筋肉に対する手技療法を中心に

最新のスポーツ矯正治療や超音波療法をはじめ

ストレッチやトレーニングを行っております

 

今の痛みの原因を一緒に考え発見し

根本から改善していくことを目指して治療を行っています

もちろん説明や治療の目安のなど

共に相談しながら治療やケアに関わらせて頂いております

 

産後だからそのうち治ると考えず

少しでも症状があるようでしたら

お気軽にご相談いただければと思います

 

是非お子様と一緒にいらしてください

キッズルームもあり保育士も常駐しておりますので

お電話かLINEにてご予約ください

 

ヒヨコ堂なかばる整骨院

福岡県那珂川市中原3丁目40-1センチュリー21ビル

092-952-6685

公式HP

Facebook

公式インスタグラム

LINE予約はこちらから

関連記事

  • 2022年12月02日(金)

    【年末年始休診日のお知らせ】

  • 2022年11月04日(金)

    【11月休診のお知らせ】

  • 2022年10月05日(水)

    【10月休診のお知らせ】